マスカラとは?


マスカラとは、そもそもイタリア語のmaschera(日本語で覆う
と言う意味)が語源なんだそうです。
もちろん化粧品の一種なんですが、マスカラには液体、固形、
クリームの3タイプがあります。
主成分は水分、皮膜剤、増粘剤、保存料。
マスカラを塗るための道具も色々あります。
まずは、マスカラをまつげに塗布する棒状のアプリケータ。
マスカラを塗布する前にまつげの形を整え、カールさせたい
時に使用するビューラー。
マスカラを塗った後にまつげ同士がくっつかないように使用する
専用の櫛コーム。
それに一言にマスカラといっても、色々な種類があります。
まつげの長さよりも、まつげの太さ、濃さを強調させる
ボリュームタイプ。
その反対に、まつげの太さ濃さよりも、長さを強調させる
ロングタイプ。
ちなみに、このロングタイプには、繊維が多く入っていて、
この繊維がまつげを長く見せるんですね。
あとは、まつげのカールを長持ちさせるカールタイプ。
水に濡れてもにじみにくいウォータープルーフタイプや
フィルムタイプ。
ボリューム、長さ、カールを長持ちさせる、マスカラを塗布する
前に使用する下地マスカラ。
黒、茶、紺の主流の色以外の、赤、青、紫などのカラーマスカラ。
あと、マスカラを塗る時の注意点を一つ。
マスカラを塗ると、マスカラが乾くまでに少し時間がかかります。
なので、先にマスカラを塗ってしまうと、まぶた付近に
ファンデーションやアイシャドーなどが塗りにくくなってしまいます。
マスカラを塗るのは、ファンデーションやアイシャドーの後にしてくださいね。





この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。